株式会社 ハードリング

scroll

  • 経営に志を持て、
    志は全ての難関を突破する。
  • 弱者は差別化し、
    質の勝負に持ち込む。
  • 弱者はお客と接近し
    接触頻度を上げられる仕組みを考え、
    競争が働かない状態をつくる。
  • 強者は物量戦に持ち込めるよう、
    遠隔操作で戦う。
  • 競争目標に対しては差別化戦略。
    攻撃目標に対してはミート戦略。
  • 社長の実力は
    一人当たりの粗利益にでる。
  • 客層は、所得や年代によって
    細分化、重点化、集中化する。
  • 資金をどう配分するか。
    最も効果性の高い要因に
    活用するもの。
  • 経営に仕組みを取り入れろ、
    仕組みは利益を生み出す
    源泉となる。
  • 経営は戦闘によって決着が着く、
    死ぬ気で戦え、それを必死と言う。
  • 強者はミートし、
    量の勝負に持ち込む。
  • 弱者は一対一の局面をつくり、
    一騎打ちで戦う。
  • 強者は物量の有利性を
    発揮するために、
    物量投入による確率で戦う。
  • 情報なくして、戦略なし。
  • 経営は自己分析から始まる。
  • 営業は、新規客対策。
    地域・客層・商品の設定が
    戦略的であればあるほど
    優位に運べる。
  • 時間をどう配分するか。
    最も効果性の高い要因に
    時間を使わなければならない。
  • 経営に戦略を組み込め、
    戦略は無限の可能性を引き出す。
  • 物事の本質を見い出し
    考え抜く力をつける為に、
    経営に哲学を取り入れよ。
  • 第一法則である
    結果=質×量で戦うことは、
    質の勝負で戦う弱者の基本戦略。
  • 弱者は経営資源(ヒト・モノ・カネ)を
    一点に集中して戦う。
  • 強者は総合力を使って
    弱者企業に隙を与えないように戦う。
  • 第二法則である
    結果=質×量2で戦うことは、
    量の勝負で戦う強者の基本戦略。
  • 商品は、モノ・コトによって
    細分化、重点化、集中化する。
  • 顧客維持は、顧客対策。
    再購入などの
    リピート率を上げる為の要因。
  • 経営は戦術によって具現化する、
    戦術にすべてが現れる。
  • 経営に目標を立てよ、
    目標は集団を動かす指針となる。
  • 勝てる市場で
    圧倒的な一位を目指す。
    利益は一位のみに集中する。
  • 弱者は小さくても
    一位になれる市場を選び、
    強者が入れない局面を見つける。
  • 弱者は相手をかく乱させて
    目的を達成する陽動作戦を用いる。
  • 強者は相手を引き込んで
    目的を達成する誘導作戦を用いる。
  • 強者は相手が多い大きな市場を選び、
    広域でより有利な量の勝負を。
  • 地域は、地形・引力・競合によって
    細分化、重点化、集中化する。
  • 組織は、人の配分と処遇。
    人の適材適所、人事評価、教育
    などの内部対策。
  • 経営は作戦によって戦術に移される、
    作戦は現場経験のみに蓄積される。
  • 経営に目的を見い出せ、
    目的は強い意志を生み出す。
  • 効果性は無限の可能性を秘めている。
    効果性を上げる為には
    戦略経営が必要。
  • 効率性は有限である。
    現場対応要因においては
    効率性が求められる。
  • ブランディングとは戦略的広告のこと。
    メッセージ型でありブランド価値を
    認知浸透させること。
  • マーケティングとは戦術的販促のこと。
    反響型であり購買動機付けや
    集客数を確保すること。

新着情報

2018.7.30 INFORMATION

ホームページをリニューアルしました。

富裕層戦略建築コンサルタントBlog